トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

犬の病気、”吐く” … 嘔吐と吐き出し、嚥下困難の違い

2009年11月15日 15:11

 犬を飼っていると、食べたものを吐くことがよくあります。犬が食べたものを吐くのには、いろいろな原因が考えられますが、犬が食べたものを吐く場合には、大きく分けて3つのタイプがあります。


 それが嘔吐”と”吐き出し”、そして”嚥下困難(えんげこんなん)”です。まず、その違いから見てゆきましょう。


 犬の嘔吐吐き出し嚥下困難の違い


 もしおうちの犬が食べたものを吐いたら、その吐いたものが消化されているかどうかを必ず確かめてください。医学的には、吐いたものが消化されている場合は”嘔吐”、消化されていない場合は”吐き出し”、”嚥下困難”と呼んで明確に区別されています。


 食べたものが消化された状態で吐く”嘔吐”の場合は、多少なりとも消化されているわけですから、食べたものが胃や胃に近い小腸にまで届いていたことを示しています。

 つまり、胃や小腸といった消化器官と消化に関わる働きに異変が生じたことによって吐いた可能性が高い、ということが言えるわけです。


 それに対して、”吐き出し”は、食べたものがまだ消化されていないわけですから、胃や小腸に届く前の位置、つまり口から食道付近までの間に、何か異常があって吐いたことがわかります。


 獣医さんを受診する場合には、この違いを確かめておくだけで、胃や小腸といった消化器官に原因があるのか、それとも口の中や食道付近に原因があるのかがわかりますから、より早い正確な診断の手助けになります。


 また、すでに犬が吐いた時をご覧になったことがある方はご存知かもしれませんが、犬たちはすでに消化が始まった食べ物を”嘔吐”した場合は、吐いたものをもう一度食べたりすることはありません。

 ところが、未消化のまま”吐き出し”たものは、吐いたものをその場で食べようとすることがあります。この違いも、嘔吐なのか吐き出しなのかを知る手がかりとなります。


 3つ目の嚥下困難は、嚥下(えんげ)、つまりものを飲み込むことが困難な状態にあるときの症状で、食べたものが消化されていないと言う点で、吐き出しの場合と状況がよく似ています。よく観察しているとわかるようになりますが、慣れていないと”吐き出し”との区別が難しいかもしれません。


 いずれにしても、


飼い犬が食べ物を吐いたら、、”嘔吐”、”吐き出し”、”嚥下困難”の3つのタイプがあること、そしてそれぞれに異常が起きている場所が違うこと、落ちつて食べたものが消化されているかどうかを確認すること、その状況を獣医さんに伝えることを心に留めておいてくださいね。





専門医が伝授!あなたにもできる愛犬の病気診断 江口 陽子(著)

 専門医が伝授!あなたにもできる愛犬の病気診断は、愛犬の知らせる病気のサインに、いちはやく気づける飼い主になる実用的なアドバイスが解説されています。

 内科・外科・整形外科・眼科・口腔外科・動物行動学科を専門とする獣医さんが教える、専門医が伝授!あなたにもできる愛犬の病気診断は、犬を飼う多くの飼い主さんたちに読まれている一冊として知られています。

スポンサーサイト

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。