トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

犬の肛門腺って何?

2014年02月14日 13:09

 このページでは、犬の肛門腺(こうもんせん)についてご紹介しています。


ポメラニアン

 犬と人間は姿形はかなり違いますが、共通した部分がたくさんあります。その大きさや形、付き方や性能は違っても、犬にあるものはたいてい人間にもあります。

 たとえば耳や鼻。犬たちほど高性能ではありませんが、ちゃんと同じ数だけ付いています。目に関しては、人間のほうが優れていると言われていますが、犬たちにもちゃんとふたつ付いています。

 ところが、なかには、犬にはあるけど、人間にはないものもいくつかあります。そうした犬にあって人間にはないというもののひとつが”肛門腺(こうもんせん)です。


 犬の肛門腺って何?

 肛門腺は、犬の肛門のちょうど4時と8時くらいの位置にある器官で、この肛門腺に入っているのは、その犬ごとに違う匂いのする分泌液。犬たちがお尻のにおいをかぎあうのは、この匂いで相手を確認するため、といわれています。

 肛門腺に入っている分泌液は、サラサラのものや粘りけのあるものまでいろいろで、とくにどういう状態がいいということはありません。個性みたいなものですね。

 この分泌液は、犬がうんちをするときに自然に出るのがふつうですが、何かにびっくりしたときにその勢いで出てしまうこともあります。


 犬がお尻を床にこすりつけて歩くのはなぜ?

 ときどき犬がお尻を地面にこすりつけるようにして歩くしぐさを見たことのある方もいらっしゃるかと思いますが、これは、肛門腺が肥大してむず痒く感じたり、肛門から虫が出てきてムズムズしたりといったときにとる行動のひとつです。

 この行動自体がとくに何かの病気のサインというわけではありませんが、しきりにお尻を気にしたり、頻繁にお尻を地面にこすりつけるようにして歩くようなら、肛門腺の分泌物が溜まりすぎていたり、炎症(肛門線炎)を起こしていたりすることもありますので、確認しておいたほうがいいですね。


  犬の肛門腺絞りって何?

 さて、先ほど少し触れた肛門腺の炎症(肛門線炎)ですが、これを予防するために最も効果的なのが、定期的に溜まっている分泌液を絞り出す、肛門線絞りと呼ばれる方法です。

 ネット上でも、犬関連の本とかでもこの肛門線絞りの方法を紹介してありますので、それぞれのおうちでもできないことはありません。

 ただ、上手にやらないと犬たちもかなり痛い思いをすることになりますし、それがトラウマになってしまうこともあります。犬の飼い主になったらかならずしなければならないというものでもありませんので、あまり無理をせず、犬の美容院とかでやってもらうほうが安心かもしれませんね。


今回は、犬の肛門腺(こうもんせん)についてご紹介しました。

スポンサーサイト

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。