トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

犬と暮らす冬の暖房と注意点

2009年12月17日 23:32


 犬と暮らす室温設定の注意点


 冬場の室内では、犬たちの感じる快適な室温と、人間が感じる快適な室温は必ずしも同じではありません。

 犬種によっても違いはありますが、一般的に、犬たちが快適に感じる室温は、およそ20℃前後で、人間の場合は、およそ23℃を快適に感じると言われていますから、そんなに大きな違いはないものの、犬たちと暮らす上での冬場の室温設定には、知っておきたい重要な注意点があります。


 それは、


 犬たちと人間とでは、同じ室内いても生活している”空間の高さ”が違うということ。


 ご存知のように、暖かい空気は部屋の上に、冷たい空気は部屋の下に滞留します。犬たちは、同じ部屋で過ごしていても、人間よりも低い空間で生活していますから、暖かい空気が犬たちの暮らす低い空間にまで届いていないと、人間にとっては快適でも、犬たちは寒い思いをしているといった場合があります。


 最近では、床暖房の家も増えましたから、床暖房やホットカーペットを使ってらっしゃるようなら、それほど心配しなくてもいいのかもしれませんが、そうでない場合は、床上30㎝付近の高さ以下で生活している犬たちが感じている室温は、人間が感じている室温よりも低くなります。


 特に、生まれたばかりの子犬や、高齢犬、心臓疾患を抱えている犬たちには、愛犬用のあったかグッズなどの寒さ対策用品を使ったり、暖かい空気が部屋の低い位置にも届くような工夫をして、寒い冬を暖かく過ごせる心遣いが必要になります。



 冬の室内は、乾燥に要注意


 暖房の効いた冬の室内で気をつけなければならないことは、室温だけではありません。


 暖房器具を長時間使用すると、どうしても室内の空気が乾燥してしまいがちです。乾燥した室内で長時間過ごすと、私たち人間でも、喉の調子が悪くなったりします。


 基本的に足裏以外に汗をかかない犬たちは、呼吸によって体温の調節も行っていますから、乾燥した空気から来る喉のダメージや負担は人間以上です。

 犬の感染症としてよく知られるジステンパーが、冬場に多くなるのも、冬場の空気の乾燥が影響しているという意見もあるくらいですから、冬場は愛犬のための温度管理とあわせて、湿度の管理に注意しておきましょう。



 石油ストーブ・ガスストーブはこまめに換気


 冬場の室内暖房に、石油ストーブ(ファンヒーター)やガスストーブ(ファンヒーター)をお使いになっている方も多いと思いますが、一定時間使用したら、こまめな換気を心がけておきましょう。


 ご存知のように、石油ストーブ(ファンヒーター)やガスストーブ(ファンヒーター)は、燃焼時に炭酸ガス(二酸化炭素)を発生します。この、炭酸ガス(二酸化炭素)は、部屋の低いところに滞留しますので、長時間換気をしないで石油ストーブ(ファンヒーター)やガスストーブ(ファンヒーター)を使い続けると、犬たちが大量の炭酸ガスを(二酸化炭素)を吸い込むことになります。


 場合によっては、中毒症状を起こすこともありますので、石油ストーブ(ファンヒーター)やガスストーブ(ファンヒーター)をお使いの場合は、くれぐれもこまめな換気を心がけて、犬たちが快適に過ごせるようにしてあげてくださいね。


 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://genkinakoinu.blog7.fc2.com/tb.php/49-010346ae
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。