トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

犬の無駄吠え、吠え癖の対処法 … 飼い主に対して吠える場合

2010年02月06日 18:09

 このページでは、犬の無駄吠え、吠え癖の対処法として、飼い主に対して何かを要求して吠えるのを止めさせる方法をご紹介しています。



 飼い主の抱える悩みの第一位は”無駄吠え”と”吠え癖


 ペット保健アニコム損害保険株式会社が、犬猫を飼育している全国のモニターを対象に行った、暮らしの中で感じている悩みについてのアンケート調査(2008年)によると、

 犬の飼い主が抱える悩みの中でいちばん多かったのは、”無駄吠え”、”吠え癖”に関する悩みだったそうです。

 アンケートの対象となった448名の犬の飼い主のうち、”チャイムや電話の音に反応して吠える”、”お客様に吠える”、”他の犬に吠える”など、犬種にかかわらず愛犬の”無駄吠え”、”吠え癖”に悩む飼い主さんが、調査対象全体の18%にも上ることがわかりました。

 飼い犬が吠える理由 … 犬たちはなぜ吠えるのか


 私たち飼い主は、吠えてほしくない時に犬が吠えることを”無駄吠え”とか、”吠え癖”と言っていますが、飼い犬たちの立場から言えば、犬は無駄に吠えている訳でも、癖で吠えている訳でもありません。吠えなければならない、犬たちなりの理由がちゃんとあります。

 たとえば、ひとりぼっちで寂しいとき、飼い主が自分から離れようとしているとき、飼い主に遊んでもらいたいとき、お腹が空いたとき、見知らぬ人が近づいてきたとき。

 犬たちは、必ず何らかの理由がなければ無駄に吠えたりはしないものです。吠えて欲しくない時、吠えてはいけないときに飼い犬が吠えるのを止めさせるためには、それぞれの理由に合わせた対処法、つまり”しつけ”が必要になります。

 盛んに吠え立てる飼い犬に対して、飼い主さんが”吠えちゃだめ!”とか、”黙りなさい”とか”イケナイ!”とか大きな声で叱っている姿を時折見かけますが、これでは、飼い主さんも犬と一緒になって盛んに吠えたてているようなもので、実際、飼い主が期待するような効果はほとんど無いことはすでにご承知のことと思います。


 飼い主が側にいないと吠える犬たち


 飼い主の姿が見えなくなると、盛んに吠える犬たちは、寂しさから飼い主求めて吠えると思われがちですが、実のところ、必ずしもそうではなく、飼い主に対して”もっと近くにいて遊び相手になれ!”と要求している場合がほとんど、と言われています。

 犬たちの社会は、基本的に厳格な上下関係があると言われていますから、もし飼い主が自分よりも上位にあると犬が感じていれば、自分よりも上位にある飼い主に対してむやみに吠え立てて何かを要求することはありません。

 つまり、犬と飼い主の優位性が逆転してしまっているということですね。

 こういった場合は、厳しく叱っても効果がありません。むしろ、大きな声で叱ることが、犬たちにとっては一緒になって吠えて遊んでもらっているという間違ったメッセージとして伝わってしまうことがあります。

 以前にもご紹介しましたが、犬のしつけの基本は”良いことをしたら徹底的に褒める”、”いけないことをしたら徹底的に無視する”ことです。

 なぜ、無視することで吠えるのが止むのかと思われるかも知れませんね。

 飼い主に何かを要求して吠えると言うことは、吠えたてることで無理矢理でも飼い主に自分の思うような行動をとらせようとしているわけです。

 実際、犬が盛んに吠えると、たいていの飼い主さんは、側にやってきて叱ったり、声をかけたり、抱き上げたりして犬をかまいます。中には、おやつをあげて静かにさせる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

 こんなふうに、犬たちにとって飼い主に吠えることは大きなメリットがあるわけです。

 それを止めさせるには、いくら吠えても自分の思い通りにならないということを悟らせる必要があります。つまり、どんなに吠えても無駄だということ、飼い主に吠えることには何のメリットもないことをわからせれば、自然と何かを要求して吠える習慣は治まってゆきます。

 そのために、徹底的に無視するのです。

 とはいえ、ある程度大きくなってから、盛んに吠えたてる飼い犬をあえて無視するというのはかなり難しいことかもしれません。声も大きいですしね。

 そこで、吠えている時に徹底的に無視することと、偶然でもかまいませんから吠えるのが止んだとき徹底的に褒めるというふたつの接し方をワンセットにして使うと、犬たちにもその違いが伝わりやすく、効果的です。

 吠えている時は徹底的に無視、吠えるのをあきらめて静かになったら徹底的に褒める。

 吠えるのを止めたら、飼い主に褒めてもらえる、かまってもらえるということが犬にきちんと伝われば、飼い主に吠えることは犬たちにとってメリットでも何でもなくなりますから、自然と吠えなくなります。

 子犬の場合でしたら、これを何度か繰り返せば比較的早い段階で効果が現れてきます。ある程度大きくなった成犬の場合ですと、ちょっと根気が必要になりますから、無駄吠え吠え癖を解消する犬用品を併用する、といった方法も効果的です。


 今回は、犬の無駄吠え、吠え癖の対処法として、飼い主に対して何かを要求して吠えるのを止めさせる方法をご紹介してみました。


 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://genkinakoinu.blog7.fc2.com/tb.php/56-15a90a0d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。