トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

初めて子犬を飼うときにかかる初期費用

2010年04月17日 01:42

 このページでは、初めて犬を飼うときにかかる初期費用についてご紹介しています。



 犬を新しい家族として迎えた日から始まる楽しい暮らし。

 その毎日のなかには、不安になることや心配になることも、きっとあるでしょう。びっくりすることや、困ってしまうようなこともたぶん、少なからずあると思います。

 でも、犬と暮らす毎日には、そんなことを忘れさせてくれる、楽しい出来事もたくさん待っています。

 ところが、初めて犬を飼う方のなかには、犬を飼いたいと強く思いながらも、”ちゃんと飼えるのかな”、”しつけとか大変そう……”、”どのくらいお金がかかるのかな”といった、様々な不安を感じている方もきっと多いことでしょう。

 そこで今回は、初めて犬を飼うときにかかる初期費用ついてすこしお話してみたいと思います。

 とはいっても、犬を飼うための初期費用は、犬種によって大きな開きがありますので、このページでは、シーズーやポメラニアン、トイプー(トイプードル)、チワワといった小型犬(愛玩犬)を飼うためにかかる初期費用に絞ってご紹介してみましょう。


 小型犬(愛玩犬)にかかる初期費用 … 子犬の購入費用


 体のちいさな小型犬(愛玩犬)とはいえ、いざ飼い始めるとなると、けっこういろいろな費用が必要になります。そうした小型犬(愛玩犬)にかかる初期費用のなかでも、いちばん金額が大きいのが子犬の購入費用です。

 知り合いから子犬を譲ってもらったりする場合は別ですが、ペットショップやブリーダーさんから小型犬(愛玩犬)の子犬を購入する場合は、犬種にもよりますが、およそ5万円前後から15万円前後くらいの購入費用がかかります。

 もちろん子犬の値段には定価というものがありませんから、その時その時の需要(子犬の人気度)と相場次第でびっくりするほど高くなったりしますし、同じ犬種でも、血統などによっては数万円以上値段が違うことも珍しくありません。

 ちなみに、予算の関係もありますから、子犬の値段はとても気になるところだと思いますが、必ずしも値段が高いから良い子犬というわけでもありませんし、値段が安いからといって何かが劣っているというわけでもありません。

 ドッグショーに出場させてチャンピオン犬にするんだ、というつもりでもなければ、とくに血統の良し悪しにこだわる必要もありませんから、予算に合わせて、その子犬がいちばんと心から思えるかどうかということと、安心して連れて帰れる健康な子犬かどうかを心に留めて選んであげてくださいね。



 小型犬(愛玩犬)の初期費用 … 犬用品の購入費用



 子犬の購入費用に次いで大きな初期費用が、犬用品の購入費用です。

 犬を飼い始める時に、最低限必要になる犬用品に限っても、たとえば、ハウスやケージ、トイレのしつけにも役に立つペットシーツ、散歩の際には欠かせないリードやハーネス、食事用の器、犬用ブラシ、犬用シャンプーなど、迎え入れる犬種にもよりますが、ひととおり揃えるのにおよそ2万円から4万円くらい必要になると考えておきましょう。



 ご参考までに、8年前にわが家にやってきたシーズー犬”たく”の場合を例に取ってご紹介させていただくと、たくは子犬の時の購入代金が68000円でした。(シーズー犬の子犬の相場価格を考えると、かなり安い方だと思います)


 そして、たくを迎え入れるために最初に揃えた犬用品は、木製の室内用犬小屋(8200円)、犬小屋の床に敷く犬用毛布(2400円)、陶器製の食器(ごはんと水飲み用合わせて1800円)、お散歩用の小型犬用ハーネスとリードのセット(980円)、ブラッシング用のピンブラシ(750円)、爪切り(ギロチンタイプ、2200円)、犬用蚤取りシャンプー(730円)です。

 この犬用品の購入代金と、たくの購入費を合わせると、およそ8万6千円程になります。

 この金額を高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、いずれにしても、犬を飼い始めるときには、少なくともこのくらいの初期費用がかかると考えていただければいいかと思います。

 費用を抑えるという意味では、私の場合、以前飼っていたマルチーズの”りん”のおさがりを使うこともできたのですが、親心みたいなものでしょうか、やはり新しいものを用意してあげたくなるものです。

 初めて犬を飼う方なら、必ずといっていいほど、使うかどうかもわからない物まで、つい、あれもこれも、と買ってあげたくなるはずです。もちろんそれはそれでとても楽しい買い物ですし、無理もないとは思いますが、後になって”こんなの要らなかったね”というものもけっこうありますので、お買い物の際には、ちょっと気をつけておくといいかもしれませんね。


 今回は、初めて子犬を飼うときにかかる初期費用についてご紹介してみました。


 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://genkinakoinu.blog7.fc2.com/tb.php/63-b0028d52
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。