トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

2010年09月12日 17:48

 このページでは、ミックス犬人気の理由と、問題点についてご紹介しています。



 ミックス犬とは


 最近いろいろなメディアでも、珍しい、かわいいと取りあげられることの多いミックス犬ですが、ミックス犬は、平たく言えば”雑種犬”をちょっとおしゃれにした呼び名と思っていただければいいでしょう。


 かつて”雑種犬”といえば、親犬がどんな犬種なのかもわからない場合がほとんどでしたが、最近の”雑種犬”つまり、ミックス犬は、純血種の親犬を掛け合わせて作られた犬たちを指す場合が多いようです。

 もちろん、ミックス犬という呼び名自体に明確な定義もありませんので、従来通り”雑種犬”のすべてをミックス犬と考える人もいますし、犬種の違う純血種の親犬との交配によって生まれた犬だけをミックス犬と考える人もいます。どちらも、間違いではありません。



 ミックス犬の現状と問題点


 ペットショップなどで販売されているミックス犬は、一部には珍しさ、かわいさだけを求める余り、本来掛け合わせてはいけないとされている犬種を交配させて生み出された小犬たちもいます。


 かわいければ、売れる。珍しければ、売れるというわけです。


 いわば、出たとこ勝負です。その結果として生まれてきたミックス犬の子犬には、様々な問題を抱えていることが少なくありません。しかも、純血種の犬たちに比べて研究データもほとんどありませんから、成長の過程でどんなことが起こるかわかりません。

 純血種の子犬を飼う場合でも、その犬種と、直系の親犬や先祖の特徴的な遺伝的疾患についてそれなりに調べて知っておく必要があります。

 そしてミックス犬の場合は、母犬と父犬の犬種が違いますから、親犬それぞれの遺伝的特質や先天的にありがちな病気についてきちんと調べておくことはもちろん、違う犬種の遺伝的特質が掛け合わされた結果、どんなことが起こるか予想がつかないということを知っておく必要があります。


 純血種の子犬でしたら、仮にそういった情報収集をしなくても、信頼できるペットショップやブリーダーさんから子犬を買う限り、それほど神経質になることはないかもしれません。

 けれど、本来違った遺伝的特質が掛け合わされたミックス犬の子犬に、成長に伴ってどんな問題が生じるか、あるいはすでにどんな遺伝的疾患を抱えているか、ちゃんと答えられるペットショップはほとんどないと、といっていいでしょう。


 だからといって、ミックス犬を飼うのは止めた方がいいですよ、とか、純血種を選びなさい、ということを言いたいのでは決してありません。


 生まれてきた子犬たちが、素敵な飼い主さんと出会って元気に幸せに過ごしてくれることを願う気持ちに、純血種も雑種もミックス犬もありません。


 ミックス犬を飼うのであれば、こういったリスクが純血種以上に高いこと、そもそもそんなにリスクの高いミックス犬をたくさん交配をして商売にしているペットショップやブリーダーさんのなかには、信用できないところもたくさんある、ということを頭の隅に置いていただければ、と思うのです。


 利益優先の無謀な交配。それが今のミックス犬を取り巻く現状です。(もちろんそういう流れとは一線を画する、きちんとした信頼できるペットショップやブリーダーさんもいます)


 ミックス犬を選んで飼うなら、それだけの心構えと覚悟が必要だと知っていただければ、と思います。



 ミックス犬人気に思うこと


 ひょっとしたら同じ思いを感じてらっしゃる方もあると思いますが、最近のミックス犬人気について、私はちょっと憂鬱な思いを感じています。


 ミックス犬には、掛け合わされた純血種の親犬によって、いろいろな犬種名がつけられています。

 それぞれのミックス犬は固定された犬種ではないので、犬種名というよりは”愛称”みたいなものなのですが、たとえば、ポメラニアンとトイプードルのミックス犬は”ポメプー”、パグとビーグルだったら、”パーグル”、マルチーズとプードルだったら、”マルプー”というふうにね。

 なかなかかわいい呼び名です。それに、ペットショップに並んでいるミックス犬は、どれもみんな、ほんとにかわいいです。この姿を見れば、ミックス犬が飼いたくなるのも無理はないと思います。ミックス犬に人気が集まっているのも、なるほどと思います。

 ミックス犬は、純血種の犬たちに比べて、値段がとても安いこともミックス犬に人気が集まっている大きな理由でしょう。

 世界中でたった一頭だけの個性的な子犬という希少性をアピールして販売されているのをよく見かけますが、そのうたい文句にもかかわらず、ミックス犬の子犬価格は圧倒的に安く、純血種の子犬の半分以下の値段で買うことができます。

 こんなにかわいくて、この値段? はじめて犬を買う方にとっても、それは大きな魅力だと思いますし、犬と暮らす喜びや楽しみを体験する機会が増えるわけですから、それ自体はとてもいいことだと思います。


 ミックス犬人気を後押ししている理由は、他にもあります。


 たとえば、昔から言われている”雑種の犬は病気にかかりにくく丈夫”という特徴を信じてミックス犬を選ぶ方もいらっしゃるかもしれませんし、雑種犬はほとんど吠えないと聞いて、ミックス犬を買おうと思われる方もいらっしゃるでしょう。

 確かに、昔の雑種犬はとても丈夫でした。でも、一代限りで交配されたミックス犬に、かつての雑種犬の持つ強さを期待するのは疑問が残ります。

 雑種犬はほとんど吠えない、というのも個体差が大きく、何の根拠もありません。


 もちろん、どんな理由で犬を選ぶかはその人の自由ですから、それがミックス犬だからだめだというつもりはまったくありません。


 私の憂鬱の原因は、もっと別のところにあるのです。


 ペットショップに並んでいるミックス犬たちは、どれもかわいい姿をしています。それは、今のミックス犬人気を支えている大きな理由です。でもね、その陰で、ほとんど実験とも言えるような無謀な交配の末、とんでもない姿をして生まれてくるミックス犬たちもいるのです。

 そんなミックス犬の子犬たちが店頭に並ぶことはありません。では、そんな子犬たちはどこへ行くのでしょう。珍しくもなく、かわいくもなく生まれてきたミックス犬の子犬たちはどうなるのでしょう?

 掛け合わせる犬種によっては、両方の親犬が遺伝的に持っている先天的疾患が強く出て、生まれながらに先天的異常や奇形を伴って生まれてくる子犬もいます。その確率は蓄積されたデータに基づく交配が行われる純血種の犬たちよりも、遙かに高いと言われています。


 では、そんな子犬たちはどうなるのでしょう。


 私は、今のミックス犬人気が、一過性のブームであってほしいと思っています。少なくともミックス犬は、家庭のなかで自然な交配によって生まれ、その姿がどんなであっても、どんな病気を抱えていても、優しい飼い主さんに見守られながら、他の飼い犬たちと同じように幸せに暮らしていって欲しいと思っています。


 ブームに便乗した、利益優先の交配によってではなく、ね。


 かわいいミックス犬を作れば飛ぶように売れるという理由だけで、むちゃくちゃな交配が繰り返され、その結果、かわいく生まれてこなかっただけで処分されてゆく子犬たち。

 まるで卵を産む鶏のように、次々と子犬を生まされて、ボロボロになって処分されてゆく母犬たち。


 もちろん、これはミックス犬だけに限ったことではありません。純血種でも人気の高い犬種ではよくあることです。それが、最近のミックス犬ブームでさらに加速し続けているのです。


 そのブームを作り出しているのは、犬をアクセサリーか何かと勘違いしている、私たち人間です。


 もし、どうしても飼いたい子犬が、たまたまミックス犬で、どんなことが起きても必ず最後まで飼い続けるというのなら、それはほんとうにすばらしいことだと思います。

 そんな飼い主さんがたくさん増えたら、ミックス犬の将来もきっと健全な交配への道をたどってゆくのだと思います。


 でも、もし、そうでないのなら、ミックス犬を飼うことには大きなリスクが伴うこと、ミックス犬ブームの陰で、たくさんの子犬や母犬たちが哀しい運命にさらされていることに、ほんのすこしでいいから心を向けてあげてください。

 
 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


コメント

  1. ラックン | URL | rM9JeDPI

    Re: ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    姉一家がトイプードルとミニチュアダックスとのミックス犬を飼いました。理由を聞いたところ、可愛かった、3万で買えたという理由でした。

    姉一家にも、人気の裏では、たくさんの哀しい運命をたどってしまった子犬や母犬の話をしたいと思います。

    未だ、犬はお金儲けの道具にしかすぎないんですね。かなしいです。法律上、犬がもの扱いされているのも事実ですし…。

    今こうしている間にも処分されていく犬たちがいるということを心に刻み、まわりの人にも伝えていきたいです。

  2. ラックンさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    Re: ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    ラックンさん、はじめまして。
    当サイトの管理人、りんがむです。

    ご訪問とコメント、ほんとうにありがとうございます。

    ラックンさんの優しいお気持ちと、お言葉
    心に沁みました。

    お姉さんとこのわんこ、
    その後どうですか?

    きっと大切にしてもらっているんでしょうね。
    優しいご家族に囲まれて、すくすく成長してゆくのでしょうね。

    もしよろしければ、時々成長の様子とか、
    教えてもらえると嬉しいです。

    それでは、また。

  3. あもる | URL | Ces9ymiI

    同感です

    検索したらトップにあったので、かなり前のようですがコメントさせて下さい

    未だ人気のミックスですが、これから先とても不安に思います。
    そもそも、純犬種も様々な犬種の交配でつくられていますが、緻密に計算、計画された結果ですし、一番に健全であることというのがあります。
    ですので私もこのブームには疑問がいっぱいです。

    先天的疾患をもたない、より健全な子を目的として交配してる方がどれだけいて、その影でブームにのって雑な交配をしている方がどれだけいるのかとても恐ろしいことです。

  4. Re: ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    あもるさん、ご訪問とコメントありがとうございます。

    >先天的疾患をもたない、より健全な子を目的として交配してる方がどれだけいて、
    その影でブームにのって雑な交配をしている方がどれだけいるのかとても恐ろしいことです。

    あもるさんの仰る通りだと思います。

    当時この記事を書くにあたって、いろいろな方と話をさせていただいたことがあります。
    ペットショップの経営者の方、スタッフさん、ブリーダーさん、そして獣医さんとかね。

    そのお話のなかで、共通して仰っていることは、
    ミックス犬を取り巻く問題は、無茶な交配でミックス犬を作り出した側と、
    それを深く考えもせずに受け入れてしまった側の双方が作り出したものであるということ。

    ペット産業という枠組みのなかで、売り買いされる動物たちが、
    商品(モノ)として扱われるのはしかたがないことかもしれません。

    そしてそれが商品である以上、交配させる側、売る側としては、より高く売れるもの、
    より多く売れるものを求めるのも無理のないことでしょう。

    そう言う意味では、命を冒涜するような交配も、その延長線上で起こるべくして
    起きたことなのかもしれません。

    けれど、作る側、買う側に良心があれば、
    この流れをもっと良い方向へと変えることができると私は思っています。

    ミックス犬を作らせない、買わないというのではなく、
    きちんとしたルールや枠組みのなかで研究が進められ、
    健全に交配された、”ミックス”という新しいカテゴリーを育んでいく。

    そんな流れを、私たち犬の飼い主や、
    犬を愛する人たちのなかから作っていけるといいな、と思っています。

    この記事を書いたときには、かなり憂鬱な思いにとらわれていましたが、
    悲観しているばかりでは、何もかわりませんものね。

    コメントいただけて、ほんとうに嬉しく感じています。
    よろしければまた、お話聞かせてください。

    ありがとうございました。

  5. … | URL | -

    ちゃんと調べて言え

    全て主観
    客観が抜け落ちてる。
    思ったことだけで語るな。
    調べろ。

  6. …さん、ようこそいらっしゃいませ | URL | Gp06xE7A

    仰るとおり、この記事は私の主観に基づいて構成されています。

    …さん、初めまして。

    貴重なご意見とご指摘、誠にありがとうございます。

    仰るとおり、この記事は”ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと”
    というタイトルからもおわかりいただけるように、
    ミックス犬人気の理由と問題点についての私の主観に基づいて
    書いています。

    もとよりこの記事の内容について、賛否両論あることは十分に承知していますし、
    言うまでもなく私の考えが絶対どど思っているわけではありませんが、
    その背景となっているミックス犬の現状については、
    それなりの情報収集も行ったうえでのことですので、
    まったくの空想や妄想というわけでもありません。

    いずれにしても、知りえた情報について
    何をどう考えるか、どう感じるかは人それぞれですから、
    批判や反論があることはむしろ当然のことだと思っています。

    むしろ、そこにこそ、この記事の意味があるとも思っています。
    ミックス犬についてそれぞれに考えるきっかけとなること、
    トリガーとしての意味を感じていただければ幸いです。

    そうしたことを踏まえた上で、
    この記事のタイトルを”ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと”と
    させていただいた次第です。

    とはいえ、ご指摘をいただいて、
    私自身の配慮の足りなさや、客観性の重要さに改めて
    気づかせていただけたこと、とても嬉しく思っています。

    いただいたコメントは、今後の励みとして、戒めとして、
    深く心に留めさせていただきます。

    ありがとうございました。

  7.    | URL | -

    Re:ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    後半でミックス犬を批判してるのは同意だけど
    はっきりいってペットショップに並ぶ以上、ミックス犬以外の種類だって売れなきゃ廃棄、奇形は廃棄が頻繁におこなわれているでしょう

    ミックス犬は非難してそういう部分を見ない飼い主にゾッとする
    日本の飼い主は「ロリコン」と言われてる
    生後数か月の子犬は圧倒的に売れるからだ
    そのピークを過ぎたら?あるいはそんなに早く親から離すのか

    ペットにしてる以上、そういう部分を認めるしかないのでは

  8. 真摯なご意見ありがとうございます。 | URL | Gp06xE7A

    Re:ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    はじめまして。当サイトの管理人をしておりますりんがむと申します。

    この度は真摯なご意見ありがとうございます。

    >”はっきりいってペットショップに並ぶ以上、ミックス犬以外の種類だって売れなきゃ廃棄、奇形は廃棄が頻繁におこなわれているでしょう "

    まったく仰るとおりです。

    とても哀しいことですが、ペット産業という枠組みの中では、犬たちはペット、あるいは愛玩動物という”商品”として扱われ、ミックス犬でも純血種でも、商品としての価値が低い、あるいは無いと判断されれば処分されてしまうのが現実です。

    本文中で”これはミックス犬だけに限ったことではありません。純血腫でも人気の高い犬種ではよくあることです。”と書かせていただいたのはそうした思いからでした。私もそうした廃棄処分がミックス犬だけに起きていると思っているわけではないと感じていました。

    また、本文中でも書かせていただいたように、それが昨今の”ミックス犬ブームでさらに加速し続けている”、純血種にもその影響が、これまで以上に及んでいると感じています。

    >”日本の飼い主は「ロリコン」と言われてる。生後数か月の子犬は圧倒的に売れるからだ ”

    ロリコンですか……。そうですね、確かに仰る通りかもしれませんね。

    成犬よりも生後数か月の子犬のほうがしつけもしやすく飼いやすいのでは、という判断が働いているとはいえ、”かわいらしさ”だけに目を奪われている部分があることは否めませんね。

    >”ペットにしてる以上、そういう部分を認めるしかないのでは”

    まさに仰るとおりだと思います。

    犬たちをペットと思うか家族と思うかは、飼い主さんそれぞれのお考えによると思いますが、”ペット”あるいは”愛玩犬”という言葉のニュアンスを嫌って家族と呼んでいながら、実質は家族として扱っていない飼い主さんも見受けられるように感じています。

    そうしたことを考えれば、私たち飼い主も、商品価値の無い犬たちが廃棄処分されていることを批判する権利はないのかもしれません。認めるしかないのかもしれません。

    でも私には、一飼い主としてもっと成長できないかという思いがあります。”オトナ”の飼い主になりたいという思いがあります。

    そして、犬だけでなく動物たちすべてに対するこの国の向き合い方も、少しずつだけれど、きっと成長していくに違いない、という希望を持っています。犬の先進国といわれるヨーロッパの国々のようにね。

    もちろん、ただヨーロッパの国々に追随するのではなく、日本人には日本人なりの犬たちとの関わり方、成長のしかたがきっとあるはずだと思っています。

    本文中では、その思いを次のように書かせていただきました。

    ”どうしても飼いたい子犬が、たまたまミックス犬で、どんなことが起きても必ず最後まで飼い続けるというのなら、それはほんとうにすばらしいことだと思います。

     そんな飼い主さんがたくさん増えたら、ミックス犬の将来もきっと健全な交配への道をたどってゆくのだと思います。”


    今回は真摯なご意見、ほんとうにありがとうございました。あらためて私の考えの甘さを知る、良いきっかけをいただけたと心から嬉しく感じています。

    また、ご意見をいただけたら嬉しい限りです。

    ありがとうございました。

  9. マイはうちの犬 | URL | 27lLWiwM

    Re:ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    はじめまして。
    ミックス犬、雑種犬と検索してたら貴ブログにたどりつきました。

    最近動物番組(ララドールと旅をしている売れない芸人のやつ)を
    見ていますと、純血種以外の犬はみんな「ミックス」とテロップが
    出ていると思います。あれにはかなり違和感覚えます。
    ミックスという言葉が人によって色んな解釈をされているのが
    問題だと思います。

    まあ確かに「狙って」交配させたものは商業的にミックスなのでしょうけど、
    なんか生命倫理に反する行為に思えてなりません。
    しかしながら犬(猫も含めて)愛玩動物って「狙って」交配し品種改良してきた
    という歴史的事実もありますよね。

    話は変わりますが、巷で売られているフード、おやつですけど
    あれの生産地って中国が圧倒的ですよね。ご存じかどうか
    分かりませんが北朝鮮との国境近くの丹東あたりです。
    人間の食べ物でも相当危ないのにペット用としてかなりヤバいものが
    入れられていると思います。
    半生状のおやつなんて袋から出しても全然カビませんしね。。。
    (うちは食べさせてませんけど)

    無茶なミックスも問題ですけど、犬の食べ物もちゃんとしたもの与えたいですね。

    ※本文中、純血腫⇒純血種ですよね?


  10. マイはうちの犬さん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    Re:ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    コメントありがとうございました。

    ずっと心に引っかかっていた思いを言葉にできるきっかけを頂いたこと、
    とても感謝しています。

    >なんか生命倫理に反する行為に思えてなりません。
    しかしながら犬(猫も含めて)愛玩動物って「狙って」交配し品種改良してきたという歴史的事実もありますよね。


    ”生命倫理に反する行為” たしかに仰るとおりだと思います。

    私自身ただの凡人ですので、生命倫理がいかなるものかよくわかりません。
    どこまでが人間に許されているのかも
    考えれば考えるほどわからなくなります。
    そもそも誰がそれを許すのか、誰が禁止できるのかもわかりません。

    でも、こんなことを無分別に続けていたら大変なことになる。
    すべての生き物たちに対して、
    人間は償いきれないものを背負うことになる。

    そんな思いがずっと心の中にありました。


    だから私はこう考えます。

    そのことによって生じた全責任を負うことができるなら、
    誰に何を言われようと胸を張ってやればいい。
    けれど、もしその全責任を負うことができないのなら、
    誰がなんと言おうとやるべきではない。

    人間は生命に対して後戻りできない道を、
    すでに長い間歩き続けてきました。
    我が家にいるシーズーもそうした交配によって生まれた犬種です。

    もし自然でない交配を罪だとするなら、私も同罪です。

    ミックス犬はそうした問題をもう一度考え直すきっかけ、
    後戻りできないのなら、
    どこに向かって進めばよいのか考えるためのチャンス、
    トリガーだと私は考えています。

    ご指摘のあったペット用のフードについても、
    きっと同じだと思います。

    私たちには選択するチャンスがあります。
    何が正しいのか、何が間違っているのかといった答えを出すのはあとでもいい。

    今必要なのは、ひとりひとりが自分の考えを持つこと、
    その考えを持ち寄って、良い方向へと軌道修正を繰り返すことだと思っています。

    良いきっかけをくださったこと、心から感謝しています。
    ありがとうございました。

  11. みー | URL | -

    ミックス犬を飼い始めました

    はじめまして。だいぶ前の記事のようですが、コメントさせていただきます。
    以前より犬を飼いたいと願っていまして、飼える環境が整ったので、あまり深く考えずに、小型犬同士なら、と、ヨーキーとマルチーズのミックス犬を飼い始めました。
    現在6ヶ月ですが、今のところ特に疾患もなく元気にしています。
    ただ、ミックス犬に対しての知識など殆ど知らないままでしたので、
    もちろん最後までしっかり面倒を見て一緒に暮らしていく覚悟ですが、
    その裏で悲しい結末を迎えている仔犬が多いことを知り、自分の選択は正しかったのか考えるきっかけになりました。
    うちの子は一般的なヨーキーよりもすでに大きいと思います。日に日に成長してるのが分かります。
    でも、少しずつですがお座りやふせができるようになったり、まだ失敗するけどトイレをキチンと出来たり、
    何より何気ないときに隣に座ってのんびりしているときの表情など、あぁ、愛しいなぁと思うことが増えてきて、この子に会えて良かった、と思っています。

    とりとめのないコメントですみません、ミックス犬だけでなく、全てのワンちゃんたちが幸せになれる世の中が来ればいいな、と切に願います。

  12. みーさん、温かいコメントありがとうございます。 | URL | Gp06xE7A

    Re:ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    みーさん、こんばんは。管理人のりんがむといいます。

    わんちゃんたち、すくすく成長しているようですね。

    ”何気ないときに隣に座ってのんびりしているときの表情”を、
    愛おしいと思う気持ち、ほんとうによくわかります。

    音響シャイに悩まされ続けてきた、
    我が家のシーズー犬たくも今年で13歳を越え、
    耳が聞こえなくなりました。

    ふつうに考えれば、それはかわいそうなことなのかもしれませんが、
    物音にびっくりしてなかなか眠れなかった、たくが
    今は私のそばに来て、両手両足を広げて
    あおむけで大の字になってぐーぐー寝ています。

    その幸せそうな寝顔を、ほんとうに愛おしく思います。


    飼い犬たちにとって、何がいちばん幸せなのか。
    ほんとうのところ、私にもわかりません。

    でも”日に日に成長してる”姿を見守ってもらえること、
    何気ないしくさや表情を愛おしいと思う飼い主さんのそばにいられること、
    ”最後までしっかり面倒を見て
    一緒に暮らしていく覚悟”をもった飼い主さんのそばで暮らせること。

    それは、誰がなんと言おうとまちがいなく幸せなことだと私は思います。


    私には何が正しくて何が間違いなのか、
    ほんとうのところよくわかりません。

    でもおうちのわんちゃんたちのくつろいだ表情や、
    ”この子に会えて良かった”というみーさんのお気持ちが、
    何よりの答えなんじゃないかな、と思います。

    犬たちの幸せにミックスも純血種も雑種もありません。
    みーさんの選択はなにひとつ間違ってないと、私は思っています。

    ”ミックス犬だけでなく、全てのワンちゃんたちが幸せになれる世の中が来ればいいな、と切に願います”

    ほんとにそうですね。ほんとうにそう思います。
    温かいコメント、ありがとうございました。

    わんちゃんたちの、
    これからの成長を私も楽しみにしています。(*^ー^)ノ♪

  13. kei | URL | 73DAy5m2

    沢山の方に読んでもらいたい。

    記事の素晴らしさ、そしてコメントへの誠実な対応。人間味溢れる真っ直ぐな優しさ。
    記事にも、コメント対応にも感動しました。

  14. Keiさん、おはようございます。 | URL | Gp06xE7A

    Re:ミックス犬人気の理由と、問題点に思うこと

    Keiさん、おはようございます。

    このページの記事やコメントのやりとりに、
    心を留めていただけたこと、ほんとうにうれしく思います。

    以前他の方の方のコメントでお叱りがあったように、
    この記事のほとんどは、私の一方的な主観に過ぎないのかもしれません。

    けれど、一方的な主観であったとしても、
    Keiさんのように、共感してくださる方がいることをほんとうに心強く、
    嬉しく思っています。

    正直なところ、私の記事よりも、
    いただいたみなさんのコメントにこそ、
    犬達への限りない思いや優しさが詰まっている。

    そんなふうに思っています。

    keiさんのお言葉に勇気をいただきました。
    ほんとうに、ありがとうございます。

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genkinakoinu.blog7.fc2.com/tb.php/69-c9dd88a8
この記事へのトラックバック


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。