トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

プードルの性格と特徴

2011年02月28日 06:37

 このページでは、プードルの性格と特徴についてご紹介しています。

プードル(POODLE)

 プードル(POODLE)とは


 プードル(POODLE)は、国際畜犬連盟(FCI)が定める体のサイズによる分類に従えば、スタンダード・プードル (Standard)、ミディアム・プードル (Medium)、ミニチュア・プードル (Miniature)、トイ・プードル (Toy)の4つの種類があり、単にプードル(POODLE)という場合は、体高45~60cm。体重15~19kgの中型犬サイズのスタンダード・プードル(POODLE)を指します。

 プードル(POODLE)はとても古い時代から、ヨーロッパの各地にいたとされている犬種で、フランスを中心とした地域で人気を博したことからフレンチプードルという呼び名もありますが、必ずしもフランス原産の犬種というわけではなく、ヨーロッパのどの国や地域を原産とする犬種なのかは実際のところよくわかっていません。

 また、一説には、ドイツを中心とした地域で、水辺の猟をするために飼われていた犬種(ウォーター・ドッグ)がプードルの先祖であるとも言われていますが、これもプードルの起源を特定するまでには至っていないというのがほんとうのところのようです。


 プードル(POODLE)の性格


 プードル(POODLE)は、元々水辺での狩りを得意とするウォータドッグの流れを汲む犬種ということもあって、機敏で活発、好奇心旺盛な性格を持つ犬種です。

 また狩りなどを得意とする使役犬が共通してそうであるように、とても賢い犬種でもありますので、しつけや訓練に対する反応も早く、とても飼いやすい犬種と言っていいでしょう。

 そして、プードル(POODLE)の性格の最大の特徴は、その人なつこさと明るさにあります。

 ですから、初めて犬を飼う方にも育てやすく、家族に対しても人見知りするといったことがほとんどありませんので、ちいさなお子さんのいるご家庭や、お年寄りのいるご家庭まで安心して飼うことのできる優れた犬種といえます。

 また、見知らぬ人に対してもいきなり威嚇するような行動もほとんどなく、他の犬種とも比較的馴染みやすい性格も持っていますので、すでに何頭かの犬を飼ってらっしゃるご家庭でも、新しい家族として迎え入れやすい犬種と言えるでしょう。


 今回は、プードルの性格と特徴についてご紹介しました。


 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://genkinakoinu.blog7.fc2.com/tb.php/78-9a97c4f3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。