トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集
トップページ /  サイトマップ /  運営者情報 /  リンク集

ブル・テリアの性格と特徴

2011年07月13日 20:30

 このページでは、愛嬌のある風貌で知られるブル・テリアの性格と特徴についてご紹介しています。



 ブル・テリアブル・テリアの誕生と歴史
ブル・テリア
 ブル・テリア(Bull Terrier)は、18世紀の中ごろ、現在では絶滅してしまったイギリスの犬種であるホワイト・イングリッシュ・テリアと、同じイギリスで現在も人気の高い犬種のスタッフォードシャー・ブル・テリア、そして現在のブルドッグの原種とも言われるオールド・イングリッシュ・ブルドッグを交配させて生まれたイギリス原産の中型犬種です。

 18世紀当時のイギリスでは、犬と牛や犬同士を闘わせる闘犬が盛んに行われていたという背景もあって、ブル・テリアも当初は、スタッフォードシャー・ブル・テリアをベースにテリア犬種の俊敏な運動能力とブルドッグの闘争性を併せ持つ、より優秀な闘犬を作り出すことを目指して交配が行われました。ちなみに当時の呼び名は、現在のブル・テリアではなく”ブル・アンド・テリア”だったのだそうです。

 その後1835年になって、イギリスで闘犬が禁止されたことにより、ブル・テリアは家庭犬(番犬)としての特性と飼いやすさ育て易さを目指して、スパニッシュ・ポインターなどとの交配が行われました。これが現在のブル・テリアの直接の祖先とされています。



  ブル・テリアブル・テリアの特徴


 ブル・テリアは、身体の大きさによる分類では、体高48~56cm(体重21kg)のスタンダードと、体高25.4~35.6cm(体重7.2kg)のミニチュアとがあります。


 ブル・テリアのいちばんの外見的特徴は、何と言ってもその独特の顔立ちを生み出している卵形の頭部でしょう。

 ブル・テリアには、多くの犬種に見られる”ストップ”あるいは、”額段”とも呼ばれる、前頭部と口吻の接続部にあるくぼみがほとんど無いという際だった特徴を持った犬種です。

 ストップ(額段)がはっきりしないという特徴は、ブル・テリアの他にも、コリーやボルゾイといった犬種にも見られますが、ブル・テリアの場合その度合いが極端に大きく、そのことが、ブル・テリアのどこかしらのっぺりとした印象を生み出し、そこへさらに小さな目が加わって、ブル・テリアならではの”のほほん”としたユーモラスな愛嬌のある風貌を生み出しています。



  ブル・テリアブル・テリアの性格


 ブル・テリアは、そのユーモラスで愛嬌のある風貌が”かわいい”ということで様々なキャラクターデザインに起用されたり、”平成犬物語バウ”では物語の主人公として活躍したりなどで、広く知られるようになった、とても人気のある犬種です。

 ところが、逆にその風貌から”頭の悪そうな犬”、関西弁でいえば”どんくさい犬”といった誤解や先入観を持たれてしまうことが少なくありません。

 もちろん、実際にブル・テリアとほんの少しでも一緒に過ごせば、それが大きな間違いだとすぐにでもわかるのですが、やはりどうしても見た目で損をしている部分が少なくありません。

 ほんとうのブル・テリアは、見た目の印象とはまるで違う、とてもかしこくて高い運動能力を兼ね備えた優秀な犬種なのです。

 たとえば、ブル・テリアは、もともと闘犬としての高い戦闘能力を備えたスタッフォードシャー・ブル・テリアやオールド・イングリッシュ・ブルドッグを上回る戦闘能力を目指して作り出された犬種という経緯から考えても、見た目の”のほほん”とした風貌とはまるで違う優れた運動能力を備えた犬種であることはすぐにでも想像がつきますね。

 そんなブル・テリアが”どんくさい犬”であるはずがありません。

 ちなみに、ブル・テリアは闘犬でありながら、いたずらに他の闘犬を挑発しない、戦いを挑んで来る相手には全力で戦い、アンフェアな戦い方を嫌うという勇敢でフェアな闘争スタイルを持つ犬種で、闘犬華やかりし頃は、騎士道精神を重んじるイギリスの人々から”白い騎士”と称えられていたのだそうです。

 また、ブル・テリアは卓越した闘争性と同時に、テリア犬種に見られる高い知性と俊敏な運動能力も兼ね備えた優秀な犬種として作り出されました。その後イギリスで闘犬が禁止されたことを受けて、人間に忠実で従順、勇敢で高い状況判断力を持つスパニッシュ・ポインターをはじめとした優秀な犬種との交配が行われ、人間と暮らしをともにするパートナーとしての資質もさらに磨き上げられていきます。

 これほどの優れた系統と優秀さを持つブル・テリアですが、その性格はというと、とても人なつこくお茶目で遊びが大好きです。もともと闘犬だったこともあって時折怖いもの知らずな一面も見せますが、それもブル・テリアらしい微笑ましい一面と言えるかもしれません。

 ブル・テリアはその”のほほん”としたユーモラスな風貌に、卓越した運動能力とかしこさ、従順さ秘めたとても優秀な犬種なのです。それこそがブル・テリアのいちばんの魅力なのかも知れませんね。



 今回は、愛嬌のある風貌で知られるブル・テリアの性格と特徴についてご紹介しました。


 当サイトは、”にほんブログ村”の犬・健康ブログランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、この下のリンクをひと押し、応援をお願いいたします。o(^▽^)o
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ 人気ブログランキングへ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。


トップページ  /   サイトマップ  /   運営者情報  /   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://genkinakoinu.blog7.fc2.com/tb.php/84-b6a27d32
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。